JapaneseEnglish

抄録|横田 美保

■抄録

基礎から学ぶインスツルメンテーション
- 生体にやさしい治療を目指して -
Instrumentation to learn from the basics
- Toward the treatment of bio-friendly -

演者:横田 美保(MIHO,YOKOTA)

所属:関西支部 演者所属医療機関 本多歯科医院

Ⅰ.はじめに

歯科治療の大きな目的は、咀嚼・嚥下・発語に代表される生理的機能の回復です。近年では呼吸や姿勢にまで歯科治療の範囲が広がってきました。この現実から歯科と医科が必要に応じて連携し治療に当たることが患者さんの健康の基盤になっていくと考えています。顎口腔系の健康維持をはかる上で昨今、炎症のコントロールと力のコントロールという言葉がよく使われています。この中の炎症のコントロールを行なっていく上で私達歯科衛生士の大きく関わる治療の一つとして歯周基本治療があります。
歯周治療に携われば誰もが効果的なSRPをしたいと思います。ですがその想いとは裏腹に、思うように効果を上げる事ができず、お悩みの方も少なからずおられるのではないでしょうか。

本ハンズオンセミナーでは、総合歯科治療の中で重要な役目を担っている歯周基本治療において、必要な基礎知識や手技をお伝えします。
正確な診査、確実に歯石を除去できるSRP、そして痛みの少ないSRPを行い患者さんの満足度を今以上にする事、そして長期的な健康維持に繋がっていく事を目的とした学びの入口として、このセミナーが皆さまの日常臨床の一助となれば幸いです。

セミナーの内容

グレーシーキュレットの基本操作とポジショニング(マネキン実習)

略歴

1997年3月
日本歯科学院専門学校 卒業
1997年4月
本多歯科医院 勤務
2013年
医療法人 皓隆会 南歯科医院 非常勤勤務

← 戻 る▲ページトップ

ページトップ